小ロットから徐々に製造を増やすという発想

calendar

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

化粧品を小ロットで作りたい時は

化粧品の製造は小ロットでは難しく、少し製造をしたいだけでも莫大な費用がかかることが一般的でした。しかし、現在はoemを活用することで、小ロットでも気軽に化粧品の製造ができるようになっています。oemとは、企画や設計、開発は自社で行い、生産のみ製造ラインを持つメーカーに依頼をするという方法です。
oemの場合は、100個程度の小ロットでも製造が可能となるため、少ない費用で化粧品を作ることができます。元々ある製造ラインを活用して作るoemの場合、小ロットであってもしっかりとした品質の化粧品に仕上がるというメリットがあります。そのため、企画をしたけれど売れるかどうか分からないという場合などは、oemを活用して化粧品を作るところから始めてみると良いでしょう。
オリジナルブランドを作るために、新たに製造ラインを作るとなると、莫大な費用がかかります。oemの場合は、こうした莫大な初期費用がかからないため、誰でも気軽にオリジナルブランドを作ることができます。化粧品製造は、まとまった資金が必要というイメージを持つ人も多いでしょう。そんな場合は、小ロットでも製造可能なoemの活用を考えておくことがおすすめです。

小ロットから始めるサロン専用のシャンプー

美容院専用のシャンプーやトリートメントが置いてあるサロンも今では珍しくありません。大手のサロンではすでにほとんどのところが取り扱っており、それぞれ異なった効果と匂いのシャンプーやトリートメントが販売されています。このシャンプーやトリートメントは、ある業者に依頼をして、細かな商品の打ち合わせを行い、生産を行っている事はご存知でしたか?
その業者というのが、「Original Equipment Manufactring」です。「oem」と略されるこれは、委託者のブランドで製品を生産する企業の事であり、サロンが販売しているシャンプーやトリートメントは、化粧品に特化したoemからのサポートのうえ、誕生しています。また、サロンでのシャンプーやトリートメントは初めから爆発的に売れるわけではありません。基本的にあまり髪にこだわっていない方は市販のシャンプーリンスで済ますはずです。だからこそ、小ロットの製造が可能な化粧品のoemが人気を集めています。
爆発的に売れてもいないのに全店舗で売り出す必要はありません。まずは化粧品のoemに小ロットで依頼をし、ひとつのサロンで売り出していく事が望まれます。サロンでのシャンプーやトリートメントが売れると、お店の売り上げに大きく繋がります。サロン専用でのシャンプーやトリートメントを作成したいなら、まずは小ロットから始めてみてはいかがでしょうか。

Copyright(C)2017 オリジナル化粧品の製品化なら小ロットでも可能なのoemで All Rights Reserved.