コストを考えたらoemメーカー一択です!

calendar

2018年6月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

化粧品の小ロット製造はoemメーカーへ

化粧品の製造メーカーにとって、小ロットで製造を行いたい場合もあることでしょう。しかし化粧品の製造には大抵最低製造ロット数が決まっている場合がほとんどです。そのような場合は、oemメーカーを頼ってみてはいかがでしょうか?
oemとは製造代行のことで、他社ブランドの製品の製造を代行して行なったり販売を行う業者のことです。oemはアパレルや化粧品業界では当たり前に行われており、その小回りが効く対応で多くのメーカーが活用しています。特に化粧品メーカーでは、自社工場を持てない新規や小規模メーカーなども多く利用しています。化粧品のoemのメリットとして、小ロット製造に対応してくれるところもあります。
最低製造ロット数は、工場を通すと大抵数千ロットからというのが普通なのですが、中には100~300個という小ロットで製造してくれるような、柔軟な対応をしてくれるのが大きな強みです。初期投資を抑えたかったり、在庫リスクを抱えることを避けたい化粧品メーカーは多いことでしょう。自社工場を持たないメーカーにとっては、まさに渡りに船と言える方法とも言えます。そういった場合は、小ロットからでも製造してくれるoemメーカーに製造を依頼するという方法が賢い選択かもしれませんね。

低コストの化粧品製造ならoemメーカーに

化粧水や美容液のような化粧品を扱う事業に参入したいが、一から製造しようとすると初期投資が大きくなってしまうので手が出しにくい、あまり在庫を抱えたくないので小ロットで製造したい、そんな人におすすめなのが「oemメーカー」への委託です。
oemメーカーに化粧品の製造を委託すると、工場等の設備投資の必要がないので、数百万円かかる初期投資をする必要もなくなります。また化粧品は、通常では最小でも何百リットル単位で製造されますが、oemメーカーならもっと少ない小ロットからの製造が可能なので、小回りのきく生産ができ、数万円~数十万円程度のコストで化粧品を製造することができるようになります。
「既存の製品のバルクを小分けするだけなのではないか」と思われるかもしれませんが、実際はそうではなく、1からオリジナル製品を小ロットで作ることができます。また化粧品だけではなく、化粧品を販売するにあたって必要になる容器や、その他化粧品に関するノウハウがoemメーカーには蓄積されているので、化粧品販売のノウハウが乏しい企業でも安心して依頼することができます。「ちょっと相談してみようかな」と思ったなら、まずはoemメーカーに相談してみましょう。

Copyright(C)2017 オリジナル化粧品の製品化なら小ロットでも可能なのoemで All Rights Reserved.